VW GOLF COUNTRY ENTHUSIAST
Dボデー&足廻り関係

 


【 パワステ 高圧ホース漏れ補修 】'16/07/08


  ※現在の走行距離は・・・199,960km 20万km目前となりました。

   今年8月で車検を迎えるので、いつも通りVWディーラーで予備点検を受けたのですが・・・例によって最近は油漏れについてのご指摘が厳しく

   今回、パワステホース(高圧側)のカシメ部分からの漏れでミッションマウントのアームにパワステフルードが少し溜まっていたのを指摘されました。

   「このままでは車検を通す訳には参りません。」とのこと。 さてさてどうしようかな?と思いましたが、もともと少し漏れていて(コラ!)

   ブチルゴム(自己溶融テープ)とハーネステープで凌いでいたんですよ。 潔く高圧ホースを買って交換すれば良い物を・・・また何とかしようとする訳です。

   とりあえず現状はこんな感じで漏れています。(もちろん常時滴下はしていないのですが、ご覧の通り溜まりがあってはなりませぬ。

power_steering_hose

  ※まずはパワステポンプのサクション側(低圧側)ホースバンドを緩めてホースを外しフルードを回収したのち高圧ホース両端のナットを緩めて高圧ホースを外します。 

   以前巻いた自己溶融テープがフルードと混ざり・・・ベトベトになっています。

power_steering_hosepower_steering_hose


※ハーネステープを剥がし、ウエスや洗浄剤で解けている自己溶融テープの残骸を奇麗にします。(もう手がベタベタで写真撮影どころじゃありません!)

   なので、さっさとブチルゴムテープを巻き直し、ハーネステープでカバーリングしました。 あ、そうそうカシメ部分はシリコンシールを少し塗り込んで無駄な抵抗を試みました。

power_steering_hosepower_steering_hose


  ※高圧ホースを元に戻し、ナットを締め付けて復旧です。

power_steering_hose


  ※あとはパワステフルードを戻して試運転しフルードレベルを調整しました。 これで今回の車検は大丈夫そうです。





inserted by FC2 system